ホーム > 大学受験対策講座 > 理念

大学受験対策講座

理念

始めに・・・・・

物理は、「人から習う科目である。慣れというものが必要で、焦るべからざるの科目である」、そして、「法則を理解してから、問題集、参考書にあたるのではなく、先生のやっている問題演習を繰り返すうちにできるようになる」 という言葉をよく聞きます。
それは、ある意味において、真実でありますが、その意味するところは、「物理の基本法則のイメージを確立するには、時間がかかる」 ということでしょう。

現在の多くの教科書や高校の授業では、基本法則の数式を羅列し、あいまいな所は、多くの場合、「覚えろ」 の水戸黄門の印籠のごとき一言で、かたずけられています。それが、物理の基本法則のイメージ確立を遅らせている最大の原因の一つであると、私は、考えます。

そういう、手を使わざるを得ない箇所が高校物理の中には、確かに、あります。しかし、それでは、物理の授業が面白くなくなるのも当然ですし、受験生の 「物理離れ」 を促進するのみであります。
「プリンキピア」 では、「生徒の物理離れを促進する」天下り的授業は排し、大学で学ぶレベルの高い物理の概念を高校物理にまで、かみくだき、皆さんに、「物理に関する興味をそそり、基礎法則に関するイメージを確立させる」授業をおこないます。
そして、演習などをとうして、基本法則のイメージを単一分野のものだけに終わらせず、他の分野の基本法則と分かりやすく結合させ、物理全体に対するイメージを豊かにし、難関大の入試問題に十分対処できる学力を養成していきます。

「数学」 に関しては、数学を抽象的なものとして終わらせず、直感に訴え、我々の日々目にする現象に結びつける授業をおこないます。つまり、数学においても、「イメージ」 を大切にして、難関大入試問題に接するときに、「類似の解法パターンを使用する問題」 が頭の中に、少しでも多く浮かんでくるまで、学力を向上させます。そのようになると、難関大入試にも十分対応できるはずです。

さあ、「大学受験」 という一つの人生の試練の段階において、物理と数学という「自然を観察する強力な顕微鏡」 を磨いていきましょう。
その顕微鏡は、大学受験以降のあなたの人生においても、かけがえのないパートナーとなることでしょう。

お電話でのご予約・お問合せは06-6948-5688(受付時間:14:00〜20:00)

  • ▲ページトップ